就労移行支援施設ハンズは障害者総合支援法に基づく就労移行支援事業を行う施設です。

サービスについて

ハンズでは、オフィスを再現したセンターにて、パソコン訓練、電話応対やメールの書き方等のビジネスマナー訓練、コミュニケーション能力を高める訓練等を行い、実務で要求される幅広いビジネススキルの習得をサポートすることで、一般企業が求める人材への成長をお手伝いいたします。

また、生活面、キャリア面など多様な個別相談に基づいたハンズの就労支援のきめ細かいサポートにより、多くの障がいや疾患のある方の就職を実現するとともに、就職後も職場定着のサポート体制を整える事で、障がいのある方が自立できるよう、徹底的にサポートいたします。

ハンズのサービス内容
就労までの簡単なサービスのご紹介です。

生活習慣サポート

担任スタッフが利用者様と二人三脚で不安が解消されるようサポートします。面談によって、体調、主治医の意見、関連機関の意見を整理し、これからを一緒に考えます。

また、訓練開始直後は毎日フルタイム通えなくても大丈夫です。1コマだけ訓練に参加したり、休みの日を挟んだり面談によって無理のないカリキュラムをオーダーメイドします。ぜひご相談ください。

職業訓練

ハンズでは、幅広い訓練から、必要なものを受講できる選択制です。面談で課題を整理し、必要なスキルを伸ばす訓練を提供します。パソコン訓練でいえば、電源を入れるところからスタートする方でも、検定試験対策からスタートする方でもニーズに合わせ指導します。

就職支援

失敗は恥ではありません。資格取得の訓練や、実践的な外部実習訓練によって成功体験を積み重ね、経験値や自信を高めたあと、担任スタッフや就労担当スタッフが就職活動を徹底サポートいたします。

職場定着支援

ハンズは「就職できたら、さようなら」とお見送りしません。利用者様が長く働けるよう、就職後も、面談や指導を行うからです。企業との潤滑油となり、コミュニケーションのサポートや不安等の解消を、関係機関と連携し支援します。

※マウスオーバーで各疑問へのサービス内容が表示されます。

ハンズはあなたが「自分らしく」働けるためにサポートするプロフェッショナルです!

通所開始から職場定着までの例
職員と計画をたてながら就職の実現に向けて訓練を積んでいきます。(※個々により異なります)

6ヶ月

通所習慣の確立

基礎訓練

6ヶ月〜2年

職業評価・ハローワーク登録

就職活動準備期間(履歴書・面接練習)

企業見学・職場実習

就職活動・就職決定

ハンズ通所開始(週3〜5日)
就職に向け生活リズムを整える
ご家族や主治医との定期面談による情報共有
コミュニケーション力の向上、社会人マナーの習得
職場実習を通して自分の適正を見極める
就職活動開始
企業に就職
関連機関と連携して定着支援

ハンズの訓練科目
ハンズで実際に行われている訓練科目の一例になります。

センターによっては行っていない科目もございますので詳細はお問い合わせよりご連絡下さい。

PCスキル訓練
タイピング練習やテキストに沿ってExcel・Word・PowerPointを学習し練習問題にて理解を深めます。

ビジネスで必要なパソコンの知識を身につけスキルアップをはかり、企業の求める技術を身につける。PC検定やMOS資格取得につながります。

コミュニケーション
対話形式での展開式授業により楽しみながらコミュニケーション能力を身につけます。

コミュニケーションに必要な情報の発信・処理・受信の3つの能力を理論的・実践的に自分も相手も大切にするコミュニケーション能力を身につけられます。

ビジネスマナー
ビジネス上のマナーや訪問時のマナー、来客対応、ビジネス文書、メールのマナー、コミュニケーションのマナーなどを学習します。

企業が求める正しいビジネスマナーを身につけられます。社会人に必要なマナーの再確認を行い、就職活動や就職先への定着に役立ちます。

秘書検定
秘書検定テキストに沿って問題に取り組み解説します。

社会人としての一般常識・電話対応などのマナーや接待などビジネスの技術をみにつけることができます。秘書検定3級への合格を目標としています。

簿記
経理の基本を学びます。

商工会議所主催の日商簿記検定を学習することで経理事務の基本的知識と技術が身に付きます。日商簿記検定3級への合格を目標としています。

社会人基礎力
就職を目指すための自己分析・応募書類の書き方・面接の受け方を学びます。

就職活動を進めるための一連の流れを理解し、就職活動に備えます。まずは自分について理解することから始めましょう。

軽作業
主に指示書に沿って行う軽作業を学習します。実際には事務軽作業(データ入力・封入)やハンズ新聞の作成・イベントの準備などです。

職場での作業に必要な理解力を身につけ正確さやスピード、協調性を学びながら作業を行います。

SST
安定的な社会生活を送る上で必要な情緒的表現や対人技術を鍛えるためのロールプレイングなどを行います。

社会生活を送る上で起こりうる場面を想定し、ストレスに上手く対処しながら社会的役割を果たし、再発を防止するためのトレーニングを行います。職場で起こりうる様々な場面で最適な行動が取れるように学習します。

就職・目標確認
就職を目指して当該週に取り組むべき目標を担任と相談して決めます。

翌週に受講する授業を決めたり一週間を振り返って目標通りに訓練を進めることができたかを担任と確認しながら就職まで進めていきます。就職や生活面についての様々な相談にも対応します。

施設外実習
外部の機関で職場体験を行い自信や経験値を高めます。

生活リズムや基礎的訓練が身に付いたら、施設外実習をふまえることで就職活動のビジョンを明確にすることができます。外部の機関へのアプローチ、事前打ち合わせ、実習中のコーチング、振り返り面談などハンズが積極的に支援します。

時間割の例
実際に利用されている利用者様の1日のモデルケースです。

時間授業内容
10:00〜10:15朝礼
10:15〜11:00ビジネスマナー
11:00〜11:15休み時間
11:15〜12:00パソコン
12:00〜13:00昼休み
13:00〜13:45コミュニケーション
13:45〜14:00休み時間
14:00〜14:45パソコン
14:45〜15:00掃除・終礼
Aさん(28歳) 月曜日
時間授業内容
10:00〜10:15×
10:15〜11:00×
11:00〜11:15×
11:15〜12:00×
12:00〜13:00×
13:00〜13:45SST
13:45〜14:00休み時間
14:00〜14:45就職・目標確認
14:45〜15:00掃除・終礼
Bさん(22歳) 金曜日
時間授業内容
10:00〜10:15朝礼
10:15〜11:00社会人基礎力
11:00〜11:15休み時間
11:15〜12:00軽作業
12:00〜13:00昼休み
13:00〜職員と外部へ就職活動
Cさん(32歳) 火曜日
就労移行支援施設ハンズ
Copyright © 2013 hands Co.,Ltd All Rights Reserved.