ハンズブログBlog

期待と不安でいっぱい、初めての就労
2021.09.28
カテゴリ
ハンズ天王寺
タグ
#就労移行支援
#支援プログラム
#大阪府
#大阪市
#就職活動
#就職者
こんにちは、ハンズ天王寺です。
 
9月になり暦は秋ですが、まだまだ暑い日は続きますね。
皆さまいかがお過ごしでしょうか?
 
いやー、今年の夏も暑かったですねー
この暑い中、ハンズ天王寺の利用者の皆様は、ご自身に目標に向かって、訓練、就職準備に取り組まれています。
皆様の努力の甲斐もあり、7~8月には一気に4名の利用者様がハンズ天王寺から就職されました!!
本当におめでとうございます!!



 
さて今回は、このたび就職されたO様の事例を挙げさせていただきます。
 
 
<経歴>
普通高校の自立支援課を卒業後、ハンズ天王寺に入所。
今年の7月にある病院の事務員として採用されました。アルバイトを含め就業の経験がないため、今回が初めての就職、就業になりました。
 
<生活面>
通所については、週5日通うことができていました。しかし、季節の変わり目には体調が、連休明けには睡眠リズムが崩れやすい方でした。生活リズムを安定させることが体調管理の一つであることをお伝えし、意識して日々の生活に取り組んでいただきました。
 
<作業面>
高校在学時からパソコンに関心が強く、パソコンスキル向上を主として作業に取り組まれていました。特に、パソコンのデータ入力作業では練習に比例して速度が上がり、ミスなくタイピングすることができるようになりました。O様は次第に、事務補助等のパソコン入力業務がある仕事に就きたいと考えるようになっていきました。
 
<就職活動>
高校卒業してすぐにハンズ天王寺に入所されたため、挨拶や敬語、姿勢、報告・連絡・相談等の基本的なビジネスマナーを学習することから始めました。ご本人は初めてのことが多く、前向きに取り組まれていました。その甲斐もあり、職場体験実習に行った際は担当者から「しっかりとマナーを守り、仕事に取り組んでいた」と評価していただきました。
その後の就職活動では、自身の業務適性や、体力面、通勤可能な距離、障害特性をしっかりと理解した上で、仕事探しを行いました。
もともと本番では緊張されるタイプの方でしたが、就労経験がないこともあって、就職活動初期の面接では緊張が強く出ていました。
面接については、その後も継続して、繰り返し練習を行い本番に臨みました。就職活動の終盤では、多少の緊張は出るものの、落ち着いて自身の思いを伝えることができました。
その後も就職活動を継続し、無事、採用に至りました。
 
私たちの支援もありましたが、一番はO様の頑張りがあってこその就職だと思っています。無事、お仕事が決まって良かったです。
しかし、本当のスタートはこれからです。期待と不安を抱えながら、お仕事に向かわれます。私たちは、O様がしっかり職場に定着できるよう、支援を継続していきます。
 
以上、この夏に就職された方の事例でした。
今後もハンズは、皆さまの目標に向かってお手伝いをしてまいります!