サービスについてService

就労移行支援

大切なのは自分にあった就職をすることです

就職に不安を感じられている皆さまに、無理なく自分にあった就職の実現をサポートします。個人に合わせた支援計画に沿って、
生活習慣の改善から、就職に役立つ必要なスキルの習得、就職活動、就職後のサポートなど、就職に必要な支援を受けることができます

このような方が利用しています

  • 障害をお持ちで一般企業への就職を考えている方
  • 生活リズムを整えて、就職を目指したい方
  • 18歳から65歳未満までの方
  • 就職しても続けることが難しかった方、離職を繰り返す方
  • 就労経験のない方

就労移行支援をご利用いただける方

  • 18歳から65歳未満の方
  • 就労を目指している方
  • 障害や疾患をお持ちの方(身体・知的・精神・発達・難病)

自治体等の判断によっては、障害者手帳をお持ちでない方でもご利用いただくことが可能です。

就労移行支援START

まずは就労に対するお悩みやお困り事を
お伺いいたします

障害をお持ちの方に、就職・就労のためのスキルを身に付けるための訓練、就職活動や企業実習などのサポートを行っています。

  • 自分に合った仕事が分からない
  • どんな仕事があるのか業務や職種を体験してみたい
  • 自信をもって就職活動がしたい

個人面談で目標を設定します

担当の職員と一週間のスケジュール作成や目標設定を行います。
スケジュールは、受診や他福祉サービスを含め、自分のペースに合わせて、無理なく通所できるように調整していきます。
最終的には、就労希望条件(日数・時間)に合わせた活動量を目指して、調整していきます。

実践的なカリキュラムでスキル向上を図ります

必要な知識と能力向上のためのカリキュラムを多数用意しています。

  • パソコンスキル
  • コミュニケーションスキル
  • ビジネスマナー
  • 社会生活力 など

職種・業務体験で働くイメージを身に付けます

基礎をしっかり学んだら、実際の企業で体験実習(インターン研修)を行います。
職場の雰囲気や自身の適性などを確認できるうえ、働くことに対してより具体的なイメージを持つことができるようになります。

企業への就職活動を開始します!

ハローワーク等を利用して求人企業への応募や面接に取り組みます。
履歴書の書き方や面接の事前練習、実際の面接に同席することもあり全面的に就職に向けて全力でサポートします。

就職後もサポートは続きます

就職した後も安心して働き続けられるように、定期的な面談やヒアリングを行います。職場環境や業務の中でお困りのことや相談ごとがあれば、何でもお話しください。

利用期間就労移行支援の利用期間は「原則2年間」です。