ハンズブログBlog

グループ軽作業と個別軽作業の違い
2022.09.02
カテゴリ
ハンズ三宮
タグ
#兵庫県
#就労移行支援
#支援プログラム
#神戸市
みなさん、こんにちは!ハンズ三宮です。
だんだんと日も短くなってきて、秋めいてきましたね。
 
ハンズ三宮の訓練で、『軽作業』という訓練があるのですが、その中でも「グループ軽作業」と「個別軽作業」の2種類があります。今回はその違いについて説明したいと思います。
 
グループ軽作業



【訓練内容】
・グループを作り、リーダーの指示のもと協力して作業を行う。
【目的・ねらい】
作業を通してグループで一つのことを達成させるための協調性、リーダーシップ、判断力を養う。

作業を通して、職場でのコミュニケーションの取り方などを練習する。

報連相の重要性を学ぶ。



 
グループ軽作業では、まずはリーダーを決めてそのリーダーに進行していただきます。
どうすれば効率良くできるのか、訓練中にしっかり周りを見て、話し合いながら進めていきます。訓練の終わりには必ず、本日の感想や反省点などを話し合い、次回同じ作業をする際には、よりよく作業ができるように改善策も考えます。
 
個別軽作業



【訓練内容】
指示書を確認しながら、作業を進める。

自身のできること、できないことを確認する。

【目的・ねらい】
自身の得意不得意を見極め、仕事を探す際の判断材料や、オープン就労時の企業への配慮事項を検討する材料にする。

作業を通して集中力や注意力、継続力、正確性を養う。

作業効率を上げるための工夫の仕方を学ぶ。

指示書を正しく理解する。


 
個別軽作業では、一人で作業していくものになりますが、作業だけでなく報告連絡相談も大切な仕事の一つになりますので、作業開始前と終了後には必ず報告をしていただき、必要時はそこで相談も受けております。
個別軽作業の種類は、作業系と事務系に分かれており、それぞれ豊富な種類を用意しております。ただ作業をこなすだけではなく、自身の得意不得意を見極めて、就労するにあたって配慮事項の整理もできます。
 
グループでも個別でも、単純な作業もありますが、コツコツ続けていくことによって集中力や継続力もしっかりと養っていけます。同じ軽作業でも全く違う軽作業。是非、色んな軽作業に挑戦していただきたいと思います。
 
 
少しでも気になった方は、まずお電話やホームページから問い合わせをしてみてください。新たな一歩を踏み出すことはとても勇気がいることだと思います。
その勇気ある一歩を、お手伝いできたらと考えております。
 
動きやすい季節に新たな一歩を踏み出してみてはいかがでしょうか?
職員一同、お待ちしております。