ハンズブログBlog

七夕とグループ軽作業
2021.09.09
カテゴリ
ハンズ三宮
タグ
#兵庫県
#就労移行支援
#支援プログラム
#神戸市
こんにちは、ハンズ三宮です。
まだまだ暑い日が続いておりますね。
ハンズ三宮では、ご利用者・職員ともに熱中症やコロナの感染予防対策に気を付けながら、元気に過ごしております!



さて、ハンズにはグループ軽作業という訓練があります。
今回はハンズ三宮の七夕の様子と、グループ軽作業ってどんなことやっているの?…という疑問をお持ちの皆さんに、ハンズ三宮でのグループ軽作業の訓練の様子をご紹介したいと思います。
 
七夕のご報告★★



7月6日にグループ軽作業にて、5~6人のグループを作り、七夕飾りを作製しました!
 
利用者の皆さんからそれぞれアイディアを出していただき、素敵な七夕飾りができました。
折り紙で作ったこだわりの短冊、緑色のお花紙で作った笹、ハートの輪っか飾り、イラストの得意な利用者さんが作った個性あふれる流れ星、等々……
 
ハサミが苦手な方、紐を結ぶのが苦手な方は、得意な方にフォローして貰ったり、作業をしながら工作の思い出を話したり、作った作品に対して「いいですね」とお互いに評価をし合いながら、振り返りも利用者さん同士で行っておりました。
皆で作業を分担して一つの大きな作品ができると、なんだか達成感がありますよね。

 
そんなグループ軽作業、普段はどんなことをやっているかというと……
 
ここからは通常のグループ軽作業の訓練について説明します。


 
まず、個別軽作業の訓練では、仕事をする際に受けた指示の理解力、集中力、継続力、注意力や適確な「報・連・相」の仕方などを身に付けていくことを目的として実施しております。
 
そして、グループ軽作業では、主に個別で行っている様々な軽作業を組み合わせたものを、グループで実施しております。個別軽作業では職員への「報・連・相」となりますが、グループでの軽作業では、他利用者との連携を図ることが重要となります。
 
その為、訓練を通してチームワーク・強調性の大切さを実感できますし、実際のお仕事での同僚や上司との声の掛け合いを想定した「報・連・相」の実践練習をすることができます。
 
他者と関わるのが苦手……
上手く話しかけられないかも……
 
不安に思う方もいるかもしれません。でも大丈夫です。
初めはそんな皆さんも、回数を重ねていくうちに次第にできるようになっていきます。
また、不慣れな作業でどうすれば良いかわからないときは、職員や先輩利用者さんが丁寧に説明してくれますのでご安心ください。

 
他にも、「飲食店で実際に使用される箸の検品・箸袋の作成」、「ボールペンの組み立て」、「ピッキング」「DM作成」「名刺作成」「リーフレット折り」等々……様々なグループ軽作業に取り組んでいます。
 
このブログを読んでご興味がある方は、まずはハンズ三宮にお気軽にお問い合わせ下さい。
スタッフ一同心よりお待ちしております。