ハンズブログBlog

障害を開示する?開示しない?
2021.01.14 NEW
カテゴリ
ハンズ天王寺
タグ
#就労移行支援
#大阪府
#大阪市
#就職活動
あけましておめでとうございます、ハンズ天王寺です。

寒さが一段と厳しくなりましたが、皆さま風邪などひいておられませんでしょうか?

さて今回は、先日、利用者・Mさんとハローワークに行ってまいりましたので、その報告をいたします。

何をしに行ったかというと、専門援助部門という窓口で利用者さんの求職者登録をサポートしてきました。
ハローワークから紹介を受け障害者枠で就労を目指す場合、必要な作業になります。
登録は、用紙に必要な事項を記入したり、ハローワーク職員の方から質問があったりしますが、難しいことは特にありません。
更にハンズでは必ず職員が同行しますので、ご自身のことをうまく伝えられないという不安がある方も安心して臨むことができます。
実際にそのMさんも、ハローワークに行く前は緊張しておられましたが、スムーズに登録を終えることができました。

ところで、障害のある方が就職したい時に、どのようにハローワークを利用すれば良いのでしょうか。
多くのハローワークには、障害のある方の就職を専門にサポートする「専門援助部門」があります。
手話通訳の配置や専門家によるカウンセリングなどのほか、「精神/発達障害者雇用トータルサポーター」と呼ばれる専門職員が置かれていることもあります。

また、障害や病気をお持ちの方の就労に関して、オープン就労とクローズ就労の違いをご存知ですか?
オープン就労とは、自分が抱えている障害や病気を企業等に開示した上で就労することを言います。クローズ就労はその逆で、障害や病気を伝えずに就労することです。



利用者の方が就職活動する際に必ず迷うこと、それは・・・
「障害を開示する?開示しない?」
ということです。
どちらにもそれぞれメリット、デメリットがあります。
そこでオープン/クローズ就労のメリット・デメリットを簡単にまとめてみました。
 
オープン就労のメリット
○体調が悪い時に相談しやすい。
○苦手なことを伝えやすいので、1人で悩む時間が少なくなる。
○障害特性を理解していただいているので、配慮してもらえる。
○本人・企業・支援者の3者で連携し「長く働き続ける」ためのバックアップを受けることができる。
○通院や服薬のタイミングを考慮してもらえる。
 
オープン就労のデメリット
●障害者求人の数が少ない。
●給与などの条件面が低いことがある。
●希望する業種・職種で障害者求人を出していない可能性がある。
 
クローズ就労のメリット
○求人数がオープン就労に比べて多い。
○色んな仕事に取り組むことができる。
○オープン就労と比べて条件が良いことがある。
 
クローズ就労のデメリット
●障害に対する配慮をしてもらえない。
●障害が会社にバレないか、常に不安に思いながら就労しなければならない。
●自分にとって難しい仕事や残業なども頼まれることがある。
●会社に言いにくいことがあっても職員が間に入って調整するなどができない。
 
障害や病気をお持ちの方が就職を考える際には、それぞれのメリット・デメリットについて十分検討しておくことが必要です。
これらのことを参考に、皆さまがどのような就労イメージを持っているか、何を重要視したいか、などをよく考えて決めていただくのが一番良いと思います。
 
Mさんも、最初はオープン就労にするかクローズ就労にするかを迷われていましたが、訓練や面談を通して、最終的にはオープン就労で就職活動を進めることに決められました。
 
もちろん、職員はどちらの場合もしっかりとサポートしてまいります。
そして、今の段階で決まってなくてもご安心ください。
初めての方でも、迷われている方でも、訓練を通して、また職員とも相談を重ねながら、皆さまにとってベストな選択をしていただけるよう、サポートいたします
 
 
最後までお読みいただき、ありがとうございました。
障害を開示しての就労が初めての方、オープン/クローズ就労を迷われている方がいましたら、一度ハンズにご相談ください。
よい決断ができるよう、しっかりサポートさせていただきます。