ハンズブログBlog

企業見学に行ってきました!
2021.06.25
カテゴリ
ハンズ天王寺
タグ
#就労移行支援
#支援プログラム
#大阪府
#大阪市
#就職活動
こんにちは、ハンズ天王寺です!
夏にはまだ早い季節ですが、既に暑い日が続いていますね。今年の夏も暑くなりそうなので、今のうちからしっかり体力をつけてのりきりたいところです。
 
さて、ハンズ天王寺では先月、利用者様と一緒に企業見学に行ってまいりました。
大阪市阿倍野区にある「シャープ特選工業株式会社」というところで、シャープ(SHARP)の特例子会社となっています。
会社訪問ということで参加された皆さんはピシッとスーツを着こなし、普段とは違う印象を受けました。


 
特例子会社(とくれいこがいしゃ)は、日本の法律上の概念で、障害者の雇用に特別な配慮をし、障害者の雇用の促進等に関する法律の規定により、一定の要件を満たした上で厚生労働大臣の認可を受けて、障害者雇用率の算定において親会社の一事業所と見なされる子会社であるとされています。
 
今回の企業見学は、コロナ禍にも関わらず引き受けてくださり、少人数での見学となりましたが、とても有意義な時間を過ごすことができました。
 
最初に、八尾市にある事業所の様子を、スライドを用いながら詳しく説明してくださりました。
作業内容やシャープが行っているリサイクル活動などを教えていただきました。クイズなど交えながらお話してくださったので、楽しい雰囲気で学ぶことができました。
その後2班に分かれて、建物の中の2つの部署を見学させていただきました。



1つは主にPCのデータ入力作業を行っている部署でした。
実習の際は、入力の速さや正確さだけでなく、午前・午後を通して集中力や作業量が落ちないか、読めない字などがあったときに社員さんにすぐに相談することができるかなども重要視されているとお伺いしました。仕事において報連相がいかに大切かを改めて確認することができました。
もう1つの部署は印刷や封入、発送作業などを行っていました。
数を数えるのが苦手な人でも量りを使って枚数を表示し、数がわかるようにする工夫や、麻痺をお持ちで片手しか使えない方でも足を使ってPCのマウスをクリックする作業と紙をめくる作業が同時にできるようにする工夫など、様々な障がいをお持ちの方がスムーズに作業できる職場だと感じました。
多目的トイレ内には聴覚障がいがある方でも非常放送がわかるようランプが設置されているほか、建物内の自動販売機や手洗い場の鏡など車いすの方でも使いやすいものとなっているなど、設備的な配慮ももちろん充実していました。
 
シャープ特選工業様の「できないから別のことをやってもらう」のではなく、「どうすればできるか」を知恵を出し合って考える姿勢、実際にシステムや道具を開発して可能にしていくところに、会社としての力や素晴らしさを感じました。
 
ハンズの利用者様の中には、社会に出た経験がない方もいらっしゃいます。
そういった経験がないと、「働くとは」、「会社とは」などなかなかイメージしにくいところがありますので、見学を通して少しでも学ぶことができればと思いました。また、特例子会社とはどういった所なのかを知る良い機会にもなりました。
更に、もし自分が働くならどのような配慮が必要か、など自己理解を深めるきっかけにも繋がったと思います。
今回の貴重な経験を日々の訓練や就職活動にしっかりと活かしていきたいと思います。