ハンズブログBlog

年明けから好調!本年度の就職者状況
2022.03.10
カテゴリ
ハンズ西宮
タグ
#兵庫県
#就労移行支援
#西宮市
#就職者
こんにちは、ハンズ西宮です。
 
令和4年になって、すでに3ヶ月ほどが経ちました。
厳しい寒さが続いた冬が終わり、季節はもう春です。
 
社会人になると、「4月から始まって翌年3月末で終わる年度」という期間で物事が進められたり判断されたりすることが多くなるのは、皆さまご存じの通りと思います。そして今月は、世の中、令和3年度の年度末を迎えています。
 
何故このような話題から今回のブログを書き始めたかと申しますと、世界規模での新型コロナによる混乱が始まった令和2年度に比べて、第5波、第6波と感染が大拡大した令和3年度のハンズ西宮の就職実績が好調に推移していることを皆さまに知っていただきたかったからです。
 
ハンズ西宮で令和2年度に就職された方の人数は、正直なところ、コロナ禍前の半分近くに落ち込みました。が、しかし、令和3年度は完全復調。
このブログを書いているタイミングでは、採用面接の合否結果待ちや就職活動中の方がおられ、確定人数のお知らせできないのが大変申し訳ないですが、二桁を軽く超える勢いです。

 
関係機関からの情報では、障害者枠の求人状況は決して大きく好転はしていないようです。とはいえ、企業が採用を控える動きがずっと続いている訳ではなく、少人数の募集や、業種によっては継続的に採用活動が行われている印象があります。
 
ハンズ西宮から就職された方々を振り返ってみますと、事前準備とこまめな求人情報収集をされていたことは皆さまに共通しています。が、何よりも大切と感じたのは、「自分に合った現実的な働き方がきちんとイメージできているかどうか」というという気がします。



新型コロナの影響で世の中の変化が続いていますが、新たな働き方やニーズを求める動きが間違いなく生じています。ハンズ西宮は、常にアンテナを高く張り、世の中の変化に柔軟な視点を持って就労支援に取り組むことを今後も目指します。