ハンズブログBlog

続・OBの生の声を聞く
2021.06.09
カテゴリ
ハンズ姫路
タグ
#兵庫県
#就労移行支援
#姫路市
#就職者
#職場定着支援
こんにちはハンズ姫路です。
 
ハンズ姫路では新型コロナウイルス感染症対策として、空気清浄機やファンを利用して換気を徹底。
支援員や利用者様が訓練室に入室する際は、手指の消毒も徹底しています。
利用者様の利用スケジュールを配慮させていただき、密を避けながら訓練を実施しております。
少しでもストレスなく訓練を受けていただき、就職していただくための環境づくりに日々精進しております。

 
さて、2月12日のブログで、「土曜日にOBの生の声を聞く」というブログを書かせていただきました。
 
今回は、私たち支援員がOBの方々の声を聞きに行くというお話です。
利用者の方々が就職をされても、そこで支援は終了しません。
就職されてから半年の間は月に1回、就業先の管理者の方の予定をうかがって、「ハンズ支援員」、「就業者(ハンズOB)」、「管理者」の3名で面談する時間をつくってもらいます。

 

面談ではどんなことをするのか、一例を載せています。

・順調に仕事ができているか?
・他の従業員の方とのコミュニケーションができているのか?人間関係で困りごとは無いか?
・ミスが出やすい業務や苦手な仕事は無いか?どのように対処をすればよいか?
・就業時間や勤務日数は適しているか?疲れは出ていないか?


などなど、OBの方の就業状況を伺います。
 
また、職場の管理者の方にもお話を伺い、ハンズOBの方に実行して欲しいことなどがないか、職場でどのような応対をしていけばよいのかを話します。
 
特にこの時期は新型コロナウイルスの対策に加えて、期末から新年度に移り環境が一変する方が多かったです。

「今まで指示を出していた人(上司)が変わってしまった。疑問があっても聞き方がわからない。」
「質問しても以前の担当者のような答えが返ってこないので理解しにくい。」
「同じように仕事をしているのに、リーダーが変わったら注意されてしまった。」
「仲の良かった同僚が異動してしまった。」
「新しい業務が増えてしまった。覚えることが沢山あって混乱してしまう。」


などなど…
 
ハンズOBの方にできることは何か?就業先の企業に配慮してもらえることは何か?双方考えていただきながら、長く働くことができる環境づくりの橋渡しをさせていただいております。
 
「就職先で何か問題が起きてもハンズに相談することができる」と思っていただけるよう、ハンズを利用された方々が安心してながく勤められるように、日々企業訪問をさせていただいております。
 


随時、面談・見学を行っております。
ホームページからでもお気軽にハンズ姫路にお問い合わせください。